神宮会館 伊勢神宮崇敬会
HOME ご案内 館内とお部屋 お料理 ご宿泊 imgs_shukuhaku 伊勢神宮参拝 アクセス お問い合わせ

内宮のお膝もと 神宮ばら園
白、ピンク、黄、橙、紅…、とりどりの色や形、香りで世界中のファンをとりこにする花の女王、バラ。
神宮会館の裏山に「神宮ばら園」が開園したのは昭和62年(1987)秋のこと。
愛好家らの熱意で 開園され、丹精されて多くの来園者を集めるバラの花園をご案内しましょう。
神宮のお膝元に花の名所を

 神宮ばら園開設のきっかけとなったのは、当時の三重県ばら会会長・清水武夫氏よりのバラ苗の献納でした。
 現在園のある辺りは、もともと内宮禰宜・中川経高の山荘があったところで、その庭園には雪が降る如く花々が咲き乱れていたといい、一帯は「如雪園」と名付けられていました。神宮のお膝元に花の名所を復活させ、参拝者にひととき目の保養をしていただこうと、花園が造られたのです。
 開園当初は57種、300株が植えられました。その後、岡山市のアール・ エス・ケイバラ園や、山陽放送株式会社など、いくつかの企業や個人から苗の献納があり、三重県ばら会南勢支部の協力を得て、現在では120種、450株が咲きほこる見事な花園へと成長しました。

必見のプリンセス・ローズ

 つるバラのトンネル・アーチをくぐった園内には、休憩舎と散策道が設けられ、品種毎にプレート表示された多種多様な
バラが迎えてくれます。
 花弁が五枚で平らに開く一重咲のコクテールや、花弁の先が尖ったクリスチャンディオール、赤ちゃんの頭ほどの大きな花を咲かせる花音(カノン) や月光、米粒大の小さな花をいっぱいつけるピンクジュエルスなど、ひとくちにバラと言っても、色や形も咲き方もさまざま。
 来園者に人気があるのは、白い花で香り高いホワイトクリスマスや、ビロード のパパメイアン、紅茶色のブラックティーなど。また、ソプラノ歌手のマリアカラス、宝塚歌劇団の天津乙女、第16代アメリカ大統領リンカーンなど、世界の著名人にちなんだ名を持つバラも印象に残るようです。
 園の東側、神宮会館と隣接する斜面に、ほかの花と独立して並び植えられているのがプリンセス・ローズ。プリンセス・ミチコ、マサコ、アイコなど、どなたもご存知の高貴な名が冠された美しい花に、皇女のお姿を重ね合わせて、ぜひご鑑賞くごさい。

Princess Roses

 中でもプリンセス・ハナコは、豊田章一郎会長より常陸宮妃華子殿下に贈られた新種で、本会が千葉県の京成バラ園芸(株)に品種改良を依頼し、平成21年7月に誕生して命名されました。
 秋篠宮妃紀子殿下の名を冠したプリンセス・キコは、本会城治延理事長より秋篠宮妃紀子殿下に贈られた新品種のバラです。本会が千葉県の京成バラ園芸(株)に新品種作成を依頼し、平成26年5月に誕生して命名されました。

「バラ色」のもとは

 「バラ色の人生」という例えがありますが、さてそれはどんな色でしょう。  一般的にはやや紫を帯びたピンクで、この色は、健康や幸福の象徴とされています。ピンク系以外にもさまざまな色がありますが、今のところ青いバラを目にする機会はほとんどありません。
 バラの花には、赤系がアントシアニン、白系がフラボノール、黄系にはカロチノイドという色素が含まれ、これらが混ざり合って微妙な色の違いを表現しています。ただし、青く発色するデルフィニジン色素は持ち合わせていないのです。
 バラの形状は大きく四つに分類することができます。一つの枝に大輪を一つ咲かせるハイブリッドティー、一つの枝にいくつもの花をつけるフロリバンダ、垣根などに這わせるつる性のクライミングローズ、そして鉢植えなどにされるミニバラ。近ごろは、この四種に属さない牡丹のような咲き方のイングリッシュローズや、古代種に近い花を咲かせるオールドローズなどがガーデナーに人気を呼んでいます。

春と秋の見頃に備えて

 園内のバラの多くは、開園当初に植えられたもの。御遷宮の式年と同じ歳月を重ねて、もはや老木の域にさしかかっています。  もともとバラは四季咲きの花ですが、 神宮ばら園では春(5月)と秋(10月)の2シーズンだけ開花させ、それ以外の季節につけた蕾は摘み取っています。
 それは、木の負担を少なくし、開花時期を合わせて来園者に花盛りを楽しんでいただくため。ただし、一年を通じて手入れは欠かせません。
 冬から春先にかけては、施肥などの土づくりと、草の発生を抑え表土の乾燥を防ぐワラ敷き。つるバラの誘引などもこの時期に行われます。春と秋の開花前には、剪定と芽欠き(蕾の摘み取り)をし、 開花後はすみやかに花を摘んで木を休ませます。もちろん、害虫の防除も怠る ことはできません。  こうした丹精により、来園者をいやし、感動させてくれる美しい姿を見せてくれる のです。
 春と秋の見頃に合わせて、神宮会館西館ロビーでは、三重ばら会南勢支部 による「ばら展」が開催されます。切り花や鉢植えなど、いくつかの部門で優秀賞 が選ばれ、展示表彰されて多くの来場者を集めます。
 また、ばら園では苗や肥料の販売もあり、これからバラを育てたい方は、ばら会 会員や園の管理者に、手入れの仕方などを気軽に相談できます。
同会では、2月と9月の剪定適期にも講習会を開き、愛好家の拡大に努めています。
 秋、伊勢神宮の神苑では国を代表する花である菊が展示されますが、すぐ近く の神宮会館裏山に、おとぎの国のようなバラの花園があることを知っていただき、 参宮の帰りにぜひ、美と芳香をお楽しみいただければと思います。
また、神宮ばら園には、俳祖 荒木田守武の「元日や神代のことも思はるる」の句碑が建立されております。

※「三重県ばら会」は平成19年4月1日より「三重ばら会」に改称されました。

Copyright(C) 伊勢神宮崇敬会
Copyright (財)伊勢神宮崇敬会